DJ やーまんのカナダdeワーホリ奮闘記 

〜ギリホリおじさんがカナダで奮闘するブログ〜

リテラシーがあるかないか

広告が嫌いなやーまん。

 

特にテレビは一切見ない。

 

本当はいらないものを買わせようとしてくるから。

 

欲望は視覚からやってくる

 

サブリミナル効果があるので何度も何度もみているとそのメーカーの商品やサービスがいい感じに見えて来る。

 

テレビ局はCM広告料が主たる収入源で、

 

テレビ局は面白い番組を作りたくさんの人に見てもらう

その合間に広告を挟み、広告料を依頼主から頂くと言うビジネスモデル

 

そうなると

 

全ての主導権は広告料を支払う側にあるのでその意図に反する番組は作れないし、そもそもそんなコマーシャルに使う予算があるなら、商品の値段下げろって話。

 

滑稽なCMがあったのを思い出した

 

 

以前、トヨタカローラフィールダーのCMにキムタクが起用されていました。

コマーシャルなんで当然のごとくかっこつけて俺も乗ってます的感じに仕上げてるが、キムタクの愛車はハマーH2

(営業車でカローラフィールダーにお世話になっており車自体は素晴らしい)

 

要は

 

キムタクかっこいい

   ↓

キムタクがドヤ顔で乗ってるかっこいい車

   ↓

俺もカローラ買ったらドヤれる

 

ってイメージを刷り込ませたい意図があると思います。

 

また別のCM

 

広瀬すずレオパレス21に起用されていた。

当然、広瀬すずは港区あたりの高級マンションに住んでいるだろう。

 

 

 

田舎の実家暮らしの女子高校生なんかがそのコマーシャルを見て

 

上京してレオパレスに住んだら、

 

私も広瀬すずちゃん演じる女の子みたいに爽やかな生活が出来るかもしれない!

 

と広告のメッセージが女の子のか弱い心の琴線に響く。

 

しかし皮肉な事にレオパレスの物件の最大の魅力は壁の薄さだ。

コンドームかと見まごうほど軽量かつ肉薄に仕上げた素敵な賃貸物件を全国に展開している。

 

そして所有者からも契約条件の改悪により訴訟を起こされているいつも話題が絶えない賃貸サブリース会社。

 

 少女の心に響いていた爽やかな生活はどこ吹く風で実際に響いてくるのは隣のおっさんのくしゃみ、いびきとカップルの喘ぎ声だけである。

 

レオパレスの物件を知らない情報弱者はそのコマーシャルの爽やかなイメージに洗脳されてしまう。

 

リテラシーという意味で別なケースは

 

ウォーターサーバー設置しお水を一定期間購入したら、キャッシュバック特典あり」

 

みたいな広告見てキャッシュバック目当てに契約してる紳士、淑女が一定数いらっしゃいますが。

自身が払う水の購入代金からその費用が捻出されていると言う事に気づいてない?

 

そんな類の商品やサービスが世の中にたくさんあふれている。

 

大事な事は

 

相手が

なぜそんな事するのか

なぜそんな仕組みなのか

  

自分で考える事

 

本日は以上、